延滞や滞納すると信用情報に傷が付く

返済を遅らせたことは別の貸金業者の審査担当者にもわかる

銀行や消費者金融など、個人向けのフリーローンを扱っている会社は必ず信用情報会社の会員になっています。会員になると、特定の個人がどれぐらいの債務を抱えているのか、あるいは毎月きちんと返済しているか否かということをチェックできるので、それを元に審査を行うことができるのです。そのため、借りる側からすると、Aという消費者金融への返済を滞らせた状態で、新規にBという銀行のカードローンに申し込んだ場合、A社に滞納していることをB社に伝えなければばれないだろうと思うかもしれませんが、実際にはばれてしまいます。A社が信用情報会社に、「この人は当社からの借金返済を滞納している」という情報を送り、それをB社の審査担当者が見るからです。

返済が遅れたという情報が一度記録されると、返しても消えない

では、どれぐらいの期間、返済を滞納すると悪い信用情報が保存されてしまうのでしょうか。これは、貸金業者によって変わってきますが、基本的に返済期日から数日過ぎてしまったという状態で、即、「この客は滞納した」という情報が送られることはありません。ただ、一ヶ月近く滞納していて、貸金業者から「このままだと法的手段に訴える」といった警告書が届いているという状態だと、信用情報に滞納のことが登録される可能性が高いでしょう。返済を遅らせたという情報は、返済すれば消えるわけではなく残ってしまうので、そうした情報が記録されないように注意しましょう。自分の信用情報がどうなっているのかは、信用情報会社にお金を払って書類を取り寄せることで確認できます。

© Copyright Borrowing From Now. All Rights Reserved.