返済プランを考える事

闇雲に借りて一回も返済できずに債務整理をすると面倒なことに

新規に借り入れをすると、それから一、二ヶ月後に返済が始まります。借入時に返済プランをきちんと立てていれば問題なく返していけるはずですが、もし、後先を考えず、欲しいものがあったからキャッシングをしたといった理由で借り入れをしていた場合、返済時に現金がなく、途方に暮れてしまうということがあるかもしれません。もし、貸金業者に一回も返済できないまま、債務整理をしようとすると非常にややこしい事態に陥る可能性があります。というのは、債務者は最初からお金を返す気がなく借り入れを行ったということで和解を拒否されたり、裁判を起こされることがあり得るからです。したがって、きちんと返していけるように、必ずプランを立てるようにしましょう。

固定費を算出して返済に回せるお金がどれぐらいかを把握する

では、返済プランはどのように立てればいいのでしょうか。まず、一番大事なのは毎月必ず必要になる固定費をあらかじめ算出しておくということです。家賃、食費、光熱費、保険料、通信費、ガソリン代などを差し引いて、どれぐらい残るのかちゃんと把握できれば、その金額が返済金額の上限ということになるので、返済期日にお金がないという事態を避けられます。また、ボーナスをもらえるのであれば、そこからどれぐらい返済に回せるかを計算しましょう。そうすれば、最短でどれぐらいの期間で完済できるのかおおよその検討がつきます。ただ、早く返済しようとして無理をすると、生活をしていく上での現金が足りなくなってしまい、再度借り入れをする羽目になるかもしれないので、ある程度、余裕のあるプランにしておいた方がいいです。

© Copyright Borrowing From Now. All Rights Reserved.