自分の収入を上げる

年収が多い方が返済能力が高いと見なされる

貸金業者からお金を借りるための審査に通るには、やはり、収入が多いことが有利になります。収入が多い人は、その分、返済能力が高いと認識されるからです。そのため、審査落ちすることなく、できるだけスムーズにお金を借りたいというのであれば、申し込み前に収入を増やすのがベストです。とはいっても、借り入れの申し込みに合わせて都合よく収入が増えるということはあまりないでしょう。では、どうすればいいのかというと、申込書に記載する年収の書き方を少し工夫するのです。たとえば、実際の年収が295万円だったとします。この場合、申込書の年収欄に四捨五入して300万円と書いたとしても、まずとがめられることはないでしょう。そして、200万円台よりも300万円台の方が見栄えがいいです。

クラウドソーシングサービスなどを利用して副収入を得る

給料以外の収入がなかったかを確認して、もしあったら、それを足した数字を年収として書き入れるというのもありです。というのは、カードローンなどの申込書にある年収欄には、「給与所得のみ」といった但し書きはまず存在しないからです。そのため、なんらかのアルバイトで得た収入やコンテストに入賞して受け取った賞金などがあれば、それを年収に含めてもルール違反ということにはなりません。もちろん、収入自体を実際に増やすという方法もあります。たとえば、最近はネット上で仕事を請け負えるクラウドソーシングサービスと呼ばれるものがありますが、こういったサービスに登録して、退社してからの空き時間を利用して作業を行えば給料に加えて副収入が加算され、確実に収入を上げることができます。

© Copyright Borrowing From Now. All Rights Reserved.